どういうお客さんに何してあげたい?

どういうお客さんに何してあげたい?

お客さんをとにかく観察する

整体やサロンを開いたが、お客さんが来ない。

 

そう言うときは誰でも良いからお客さんが欲しいところ。

 

しかし誰でも良いからと思っていると、来て欲しくないお客さんばかり来ることも良くあること。

 

理由は簡単で、どういう人をお客さんにするか、ハッキリ具体的にイメージできてない。

 

イメージがハッキリせずに誰でも受け入れていると、人の弱みにつけ込むようなお客さんも出てくる。

 

こういうお客さんは、わずかなお金で全てを丸投げしてきたり、他のお客さんの迷惑になったりして、お店の印象をいっぺんに悪くしてしまう。

 

そう言うお客さんを避け、自分と波長の合うお客さんを上手く選びたいモノ。

 

ところがそう言うお客さんの方がお金を持っていたりするから、困りもの。

 

売り上げ欲しさにそう言うお客さんを受け入れてしまったら、あとあと禍根を残しかねない。

 

そのためにも、どういうお客さんに来てもらいたいのか、どういうお客さんを手助けしたいのか、自分の欲求をハッキリさせなければ。

 

それは実はお店作り全体のコンセプトにも関係するから重要。

 

自分自身に問い続けて、自分が何をしたいのか、誰のために何をしてあげたいのか、じっくり考えてみることが必要だろう。

 

自分の望まないような仕事の仕方は、ストレスが溜まる一方で、何も好転しないと言う事が起こってしまう。

 

好きな仕事なら笑顔が抑えられないが、嫌なことをしていると笑顔も出ないから、繁盛から遠ざかる。

 

そのためにも来て欲しいお客さんにはずっと来てもらおう。

 

お友達も紹介してもらおう。

 

NEXT:整体ルーム・リフォームのコツ



スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加