整体開業資金シミュレーション

整体開業資金シミュレーション

整体開業資金シミュレーション記事一覧

整体のフランチャイズ加盟の費用は?

癒しビジネスを始めたい、サロンを開きたい。そう言うとき、どれくらいの資金が必要なのか。整体院を開業するための資金は、どれくらい必要だろう。整体のフランチャイズチェーンの加盟料などから、必要な資金額を計算してみよう。と言っても実はかなり幅があって、500万円から2000万円まで様々だ。これはフランチャ...

整体のフランチャイズ加盟の費用は?

 

整体院を開くには

整体院や癒しサロンを始めたい。そのための選択肢としては、整体学校を卒業して独立整体のフランチャイズに加盟という二つの方法がある。整体学校というのは主に技術を教えてくれるところで、整体フランチャイズは整体ビジネスを教えてくれるところだと考えればいい。ビジネスとして整体を始めるのなら、整体業界のノウハウ...

整体院を開くには

 

整体ビジネスの成功確率は?

整体や癒しサロンを開業しても、営業を続けられるのはごくわずかだ。思いつきで独立開業しても、なかなか経営を黒字化させるのは難しい。整体で独立しても500人に1人くらいしか商売が続かないと書いてあるサイトもあるから、これだと成功率は0.2%しかないことになる。まあいくら何でもこれはないと思うが、しかし2...

整体ビジネスの成功確率は?

 

整体院の開業資金を借りるには

整体院などのビジネスを始めるには、開業資金が必要だ。しかし整体のフランチャイズチェーンなどの初期費用などを見てみると、最低でも500万円は必要で、1年間営業を続けるための経営資金を考えると1000万円から2000万円は必要になってくる。こんなお金をあらかじめ準備できる人は、そんなに多くはないはず。老...

整体院の開業資金を借りるには

 

日本公庫・新規開業ローンとは

整体院の開業資金を借りるには、まずは公的金融機関を利用することを考えたい。そのために利用できるのが日本政策金融公庫、略して日本公庫である。★日本政策金融公庫から借りる極意日本政策金融公庫とは、国民生活金融公庫農林漁業金融公庫中小企業金融公庫が平成20年に合併してできた組織で、中小企業や農林水産業など...

日本公庫・新規開業ローンとは

 

開業の自己資金は500万円?

整体院や癒しビジネスを始めたい。こういうときに開業のための自己資金はどれくらい用意すればいいか。2008年の調査によると、日本政策金融公庫が融資中の中小企業のうち創業5年未満の企業の開業資金は、平均 1,253万円であった。開業資金の調達先の内訳は、自己資金の平均:379万円配偶者や親や兄弟・親戚な...

開業の自己資金は500万円?

 

500万円で整体開業できる?

日本政策金融公庫の調査によると、500万円未満で開業した少額起業・少額開業の割合は、公庫を利用した企業の約4割だという。少額開業の場合、従業員は経営者のみが35%、2人が28.5%で、6割以上が2人以下でビジネスを始めている。少額開業が多い業種としては、建設業や情報通信業、運輸業や卸売業、事業向けサ...

500万円で整体開業できる?

 

整体院開業に必要なもの

整体院を開業するためには具体的には何が必要なんだろう。出張整体のみで営業するのであれば、折りたたみ式のマッサージベッドを一つ買って、それを使えば店舗は必要ない。しかしお店を構えて集客するのであれば、どうしても整体を行う部屋と待合室くらいは用意しないといけないだろう。それ以外の設備としては、待合室のイ...

整体院開業に必要なもの

 

店舗物件の家賃はどれくらい?

整体院を開くには店舗が必要になる。持ち運びできるマッサージベッドを買って、出張整体だけでやっていくこともできるけれど、落ち着いて自分の店舗でお客さんを迎えたい、そう言う場合はお店が必要になる。こういう場合は基本的に店舗用物件を借りることになる。つまりお店として使うように設計された不動産で、駅前などに...

店舗物件の家賃はどれくらい?