お客さんの味方になれているか

お客さんの味方になれているか

★Jエイブラハムのセミナーで開眼! 閑古鳥が鳴く整骨院が儲かるようになった秘密とは

お客さんは自分のことを知ってもらいたいもの

整体院やマッサージ、治療院で、次回予約を入れてもらえない原因の一つは、お客さんとの信頼関係がないからだろう。

 

お客さんとの信頼関係ができれば、整体通いの費用は必要経費になる。

 

つまり健康維持のために欠くべからざるコストになるので、出費は当然のモノとなるはずだ。

 

もちろん経済的に余裕がないお客さんに、予約を押しつけても意味はない。

 

そう言う人には家でもできる事をアドバイスして、月に一回とか二ヶ月に一回、身体のチェックをさせてもらえばいい。

 

どちらにしても、お客さんの健康に関しては、自分が持つんだという気構えを持ち、お店に来なくても気にかけているという態度を示さないといけない。

 

お客さんとの信頼関係を作るには、お客さんの悩みに関する情報は、逐一提示すべきだろう。

 

たとえば黙ってお客さんの身体に触れるのではなく、今から何をするのか、お客さんの身体がどういう状態なのか、いちいち話しながらやる必要がある。

 

だいたいお客さんの身体の情報はお客さんのモノだから、それを自分の心の中に置いておいてはいけない。

 

そして体の状態は毎回チェックして記録し、前回からどう変わったのか、あるいは問題点は何か、お客さんと情報を共有して解決策を考える。

 

女性のお客さんの場合は、共感することに価値をおくことが多いので、情報を共有して解決策も共に考えてあげることが重要。

 

そうして「この先生は、自分の身体のことをよく知ってくれている」…という風に思ってもらうことができれば、次はいつくらいに来ようかなという風に考えてもらえるはず。

 

もちろんそれには、心地よくなってもらえるような腕がないといけないわけだが。

 

NEXT:どういうお客さんに何してあげたい?


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加